遺伝子検査付き美容液【レナセル】で自分に合った美容液をセミオーダーしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰一人として自分と同じ肌の人はいませんよね。

なかなかエイジングケアで効果が出ない方は、

その商品が自分の肌質に合っていないのかもしれません。

自分の肌質を知って、セミオーダーの美容液を使ってみませんか?

今回紹介する【レナセル 】 は遺伝子検査付きの美容液です。

自分に最も適した美容液に出会えるレナセル、興味がわきますね!

レナセルについて興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

 

レナセルの遺伝子検査とは?

レナセルの美容液の大きな特徴は、自分に合ったものが遺伝子検査でわかることです。

では、どのような遺伝子検査をしているのでしょうか?

 

レナセルの遺伝子検査では、

肌トラブルの3大要素のシミ・シワ・乾燥に関する3つの遺伝子を調べます。

検査1.シミ関連遺伝子

シミ関連遺伝子の検査では、体内の抗酸化酸素が十分に作られているのかを検査します。

抗酸化酵素を作る能力が低いと活性酸素が蓄積して、シミができやすくなります。

検査2.シワ関連遺伝子

糖化のリスクについて検査します。

糖化しやすいと、コラーゲンやエラスチンの質の低下が起きやすく、シワになりやすくなります。

検査3.乾燥関連遺伝子

過酸化脂質が作られやすいかどうかを検査します。

過酸化脂質はバリア機能を分解して、皮膚の水分が逃げやすくなるので、

乾燥肌になりやすくなります。

 

最新の遺伝子検査によって、

自分自身にもっとも適した美容方法を知ることができるのは嬉しいですね(^-^)

レナセル美容液の気になる成分

レナセルは肌老化の原因を解明する遺伝子検査と、

遺伝的なリスクに適した成分を配合した美容液で、

自分に一番合ったエイジングケアができます。

一番の注目成分「ヒト幹細胞培養液」

レナセル美容液の一番重要な成分は「ヒト幹細胞培養液」です。

ヒト幹細胞培養液には、活性サイクルとして健やかな肌環境に導く「巡回力」、

保湿のバランスを保つ「分泌力」、外部の刺激から守る「バリア力」があります。

また、成長因子が豊富に含まれているので、再生医療や美容の分野で効果的な成分として、

今後が期待されている成分でもあります。

 

そして、レナセルにはこのヒト幹細胞培養の力をより引き出す成分が3つあります。

①プロテオグリカン

プロテオグリカンには3つの効果の潤いサイクルで土台を作ります。

・コラーゲンやヒアルロン酸の働きをサポートする

・加齢による肌トラブルにアプローチする

・保湿作用や弾力ケアをする

②アクアタイド

第三の保湿とも呼ばれているアクアタイドは、

不要なゴミを排除※1することで肌の環境をキレイに保ち、水分をより蓄える状態にします。

老化由来の蓄積したゴミを認知して食べてくれます。

※1 不要なゴミの排除はオートファジーと言って、その働きはノーベル賞を受賞しています。

ロイヤルビオサイト

ローヤルゼリーに含まれる希少成分であるロイヤルビオサイトは、

コラーゲンをサポートする力に優れています。

その他の気になる成分

◎透き通った透明感のある肌へ導く3種類のビタミンC誘導体

・APPS(浸透型ビタミンC)

往来のビタミンC誘導体の100倍もの浸透率で浸透します。

・AA-2G(複合機能ビタミンC)

ヒアルロン酸の生成をサポートします。

・アミトース(保湿型ビタミンC)

ビタミンCとグリセリンを結合されることで保湿力がアップします。

◎年齢を感じさせないハリのある肌へ導く

・ナールスゲン

健やかなコラーゲンを保ちます。

・プロジェリン

加齢によって蓄積される異常たんぱく質を抑制して、年齢サインを肌に溜めません。

・リフトニン

コラーゲン同士の結びつきを強化して、ピンとしたハリのある肌に導きます。

◎バリア機能を高めて潤いで満ち溢れた肌へ

・HA-4

世界最小クラスのヒアルロン酸で、小さい分子量で肌との親和性が高く、肌を潤します。

・ヒト型ナノセラミド2.3.6

人の皮膚と同じ構造をしている「ヒト型ナノセラミド」をナノサイズのカプセル化にすることで、

浸透力を高めました。

・ヒアロオリゴ

ヒアルロン酸をナノ化することで約6,000倍の水を蓄えて、細胞と細胞の隙間を作り、

栄養分の流れをスムーズにします。

・ヒアオリペア

保湿力を持っているヒアルロン酸に、バリア機能にアプローチする機能が付いています。

 

成分を見みると、肌が喜ぶものばかり(*^-^*)

どの成分も肌への効果が期待できるものばかりが配合されていますね。

レナセルの効果を口コミから徹底検証!

レナセルの説明を見て、興味が湧いてきた方がたくさんいると思います。

でも、実際に使った方はどのように思ったのか、そして、その効果はどうなのか。

レナセルの効果を口コミから検証しました。

ここから ——————————————————————————————————-

口コミ① 20代

使い続けるにつれ、 お肌のキメが整い、
ふっくらとした綺麗なお肌になってきたように思います。
翌朝のお肌に触れると、ぷるんと弾力がアップしているのを実感出来ます。
ファンデのノリも良いですし、お肌がピンとして、見た目年齢にも差が出ますね。

口コミ② 30代

私はシミソバカス 、たるみ、乾燥、色ムラなど肌悩みがあるけど、
1週間ちょっと使ってみて色ムラが少しずつよくなってきているような。
肌の土台から整ってきているように思えて、使い続けるのが楽しみになる美容液です。

口コミ③ 20代

ハンドプレスすると肌にモチっと吸い付く感じです。
肌馴染みもいいですし、つけてみてもべったりしない使用感が気に入りました!
肌のアンチエイジングに効果的に働きかけてくれて、
ふっくら弾力のある若々しいお肌になってくれているような気がします。

口コミ④ 50代

肌へも溶け込むようにフィットしてくれるのも使いやすいです。
つけていると、肌がみずみずしいように感じられるので、毎日使いたくなりました。
肌のキメも心なしか整ってきているように感じます。

————————————————————————————————- ここまで

レナセルは2019年1月に発売されました。

口コミはまだ多くはありませんが、実際に使用した方は商品を高く評価をしています。

悪い口コミというのは見当たりませんでした。

唯一のネガティブな口コミとしては、「価格が高い」というものでした。

 

レナセルの効果を口コミから見てみると、

・肌のハリが出てきた

・肌の色ムラが薄くなってきた

・ふっくらと弾力のある肌になってきた

・肌のキメが整ってきた

などの口コミが見られました。

しっかり遺伝子検査で自分に合うものを調べることができるということと、

美容液に配合している成分の良さが、

実際に感じた効果として口コミされているのだと思います(^-^)

レナセルはどこの販売店で購入できる?

レナセル

レナセルを購入するには、どこの販売店から購入できるのでしょうか?

レナセルは楽天・Amazonなどの大手通販や、

薬局・ドラックストアなどの実店舗では現在販売はしていません。(2019/08現在)

では、どこで購入できるのか?

それが、レナセル公式サイトです。

 

レナセルの公式サイトでは、定期コースとして購入します。

定期コースの初回のセット内容は、遺伝子検査キットと美容液1ヶ月分です。

初回購入は通常価格44,600円(税抜き)のところ、

(遺伝子検査費24,800円+美容液19,800円の合計)

送料無料の3,980円で購入できます!

しかも90日間返金保証制度付きので、

肌に合わない場合でも無駄な出費になることはありません。

2回目以降は美容液代のみとなり、

通常19,800円(税抜き)⇒12,800円(税抜き)

7,000円お得に購入できます。

 

しかし、気になるのが定期コースによくある期間の「縛り」ですよね。

レナセルの定期コースは、期間の縛りはありません。

縛りがないので、いつでも解約が可能です。

では、解約について詳しく説明します。

レナセルの解約

レナセルを解約する場合は、次回お届け予定日の10日前までに電話で連絡をします。

連絡先は、レナセルカスタマーサービスへ電話をしてください。

電話番号:0120-200-147

営業時間:10:00-18:00(土曜・日曜・祝日はお休み)

しかし、ここで気をつけていただきたいことがあります。

定期コースの利用回数の縛りはありませんが、

利用回数が4回未満の場合は遺伝子検査費用代の24,800円(税抜き)がかかります。

利用回数が4回以上だった場合は検査費用は無料です。

 

遺伝子検査付きの美容液「レナセル」が気になる方は、

ぜひ公式サイトから詳細をご覧ください(*^-^*)

 

▼レナセル 公式サイトはこちらから▼

DNAの検査結果を100%生かしたスキンケア【レナセル 】

 

まとめ

レナセルは遺伝子検査で自分の肌質を知ることができ、

それに合った美容液をセミオーダーで作ります。

美容液に配合されている「ヒト幹細胞培養液」をはじめとする有効成分が、

エイジングケアに効果的な成分として期待できます。

遺伝子検査とセミオーダー美容液の『レナセル』は、世界に一つだけの自分専用の美容液です。

自分のために作られた美容液で、美肌の未来を手に入れましょう(^_-)-☆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。