A’kin(エイキン)【モイスチャライザー】はツルスベ効果!?使って分かった本音レビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、エイキンの『フェイス&ボディ ローズヒップオイル』を使用して、

すっかりエイキンのファンになってしまいました。

『ローズヒップオイル フェイシャルモイスチャライザー(乳液) 』を使ってみたので、

今回はフェイシャルモイスチャライザーの感想レビューを紹介します。

 

美容オイルで有名なエイキンの乳液とは一体どんな乳液なのか?

気になる方は、ぜひレビューをご覧ください!

 

 

フェイシャルモイスチャライザー(乳液)を使ってみた!本音レビュー

エイキンのローズヒップオイル(美容オイル)がすっかり気に入った私は、

他のエイキンの商品も使ってみました。

今回紹介するのは『ローズヒップオイル フェイシャルモイスチャライザー(乳液)』です。

乳液なので本来は顔に使用しますが、私はボディクリーム&ハンドクリームとして使用しています。

なぜ、私はボディとハンドのクリームに乳液を使ったのか、みなさん不思議に思いますよね。

エイキンのローズヒップオイル フェイシャルモイスチャライザーは肌馴染みが良くて、ベトつかず、

肌がとってもツル・スベになるからです。

クリームを肌によく伸ばすと、肌の感触がスベッスベになってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在2週間程使っているのですが、肌がスベスベになっただけでなく、

ツルッツルの感触にもなってきました。

自分の肌を触っていると、気持ちいいくらいツル・スベなのです。

おすすめは足裏、特に かかと を重点的に使ってみてください。

ちょっとカサカサ気味の かかと が良い感じに柔らかくなってきました。

 

さらにおすすめなのが、匂いです。

アロエベラとセンチフォリアバラ花水(ローズウォーター)の香りがメインですが、

そこにシア脂、ローズヒップオイル(カニナバラ種子エキス)、アボガド油、

ゼラニウム油(ニオイテンジクアオイ花油)などの植物オイルをブレンドした自然の香りです。

華やかながら落ち着いた香りは心地良さを感じます。

香りは決して強すぎないので、匂いがきつくて使いづらいというこはありません。

気分転換にハンドクリームとして使用すると、手から香る匂いにホッと癒されます。

 

フェイシャルモイスチャライザーの使用感はあくまで個人差があると思いますが、

乾燥肌気味で、やや敏感肌の私の肌には相性が良いと思います。

私はボディとハンドクリームとして使用しましたが、

本来の乳液として使用しても、顔の肌のツル・スベ感を期待できます。

 

 

フェイシャルモイスチャライザーとは?特徴や成分について

フェイシャルモイスチャライザーはどのような商品なのか、その詳細をご紹介します。

フェイシャルモイスチャライザーは肌の水分を補給するローズウォーターとアロエベラをベースとし、

肌の潤いを保つCosmos Organic認定ローズヒップオイルを配合した

軽量の天然モイスチャライザーです。

使い心地は軽やかで、肌の水分を補給して、肌を健康的に柔らかく保ちます。

優しくマッサージするように使用してください。

 

フェイシャルモイスチャライザーの特徴≫

  • 認証済みオーガニックローズヒップオイルを豊富に含む
  • 保湿成分のアボカドオイル、シアバターを配合
  • 素早く保湿、補給し、肌荒れを防ぐ
  • 乾燥肌〜普通肌向け

 

フェイシャルモイスチャライザー 原材料≫

アロエベラ液汁+、センチフォリアバラ花水、マカデミア種子油*、オリーブ油脂肪酸セテアリル*、シア脂+、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、グリセリン*、カニナバラ種子エキス+^ 、ソルビトール*、アボカド油+、セテアリルアルコール*、フェノキシエタノール、キサンタンガム*、グルコン酸Na、デヒドロ酢酸Na、酢酸トコフェロール*、シトロネロール”、ニオイテンジクアオイ花油*、ゲラニオール”、ローズマリー葉エキス+、フサヌススピカツス木油*、ヒマワリ種子油*、クエン酸、レシチン*、リナロール”、ファルネソール”、トコフェロール

記号についての説明:+認定オーガニック、植物由来、^ CO2抽出、” 精油から

 

フェイシャルモイスチャライザーのポイントは、素早い保湿と補給により肌荒れを防ぐことです。

肌馴染みがとても良いので乳液としてはもちろん、

ボディークリームやハンドクリームとして利用するのもおすすめです。

 

フェイシャルモイスチャライザーの使い方

フェイシャルモイスチャライザーの使い方を見てみましょう。

 

≪使用方法≫

洗顔 ⇒ 化粧水 ⇒ フェイシャルモイスチャライザー

の順番で使用して下さい。

 

エイキンの商品で使用する場合は、

洗顔 ⇒ ローズヒップオイル ⇒ ミスト化粧水 ⇒ フェイシャルモイスチャライザー

の順番で使用すると肌への効果を感じやすくなります。

モイスチャライザーは、顔、首、そしてデコルテに優しくマッサージしながら使用します。

 

ボディクリームとして使用する場合は、お風呂上りが効果的です。

ハンドクリームとして使用する場合は水を使った後に利用できるように、

洗面台やキッチンの近くに置いておくと便利だと思います。

 

購入できる店舗について知りたい!

エイキンの商品を購入したいけれど、どこの店舗で購入できるのでしょうか?

 

エイキンの商品を取り扱っている実店舗は、

Biople by ComeKitchen(合計15店舗)

グランスタ丸の内店/錦糸町テルミナ2店/ルミネ荻窪店/町田マルイ店/アトレ川崎店/横浜相鉄ジョイナス店/ラスカ小田原店/ルミネ大宮1店/金沢百番街Rinto店/タカシマヤ ゲートタワーモール店/ルクア大阪店/なんばマルイ店/京都 the CUBE店/エキエ広島店/天神地下街店

BiOPLE tokyo(合計1店舗)

 ルミネエスト新宿店

となります。

 

近くに店舗がない方は、エイキン公式サイトからの購入が便利です。

フェイシャルモイスチャライザーは3,888円(税込)です。

公式サイトでは合計10,000円以上の購入で送料無料となりますので、

気に入った商品と一緒に購入するとお得です。

また、無料の会員登録をすると、

会員限定ポイント還元や誕生日特典などの嬉しい特典も付いています。

 

公式サイトからの購入は ↓↓↓ こちらから ↓↓↓

A’kin(エイキン)公式サイト

 

まとめ

フェイシャルモイスチャライザーは肌を素早く保湿して、その使い心地はとっても軽やかです。

ベタつく乳液が苦手の方にはおすすめです。

軽やかな使い心地は、ボディクリームやハンドクリームとしても活用できるので、

幅広い使い方ができます。

肌の潤いを保つローズヒップオイルを配合した軽量の天然モイスチャライザーで、

乾燥に悩む肌を≪ツル・スベ肌≫へと変身させましょう!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。