話題のかき氷器『とろ雪』の評判を口コミから徹底検証しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふわふわのかき氷を最近はよく見かけます。

テレビや雑誌でもよく紹介されていて、冬でもかき氷を食べる人も増えていますね。

このふわふわのかき氷、この商品を使えば家庭でも簡単にできます。

それが、ドウシシャ の『電動ふわふわとろ雪かき氷器 2018 DTY-18BK』です。

You Tuberのヒカキンさんが紹介した商品ということで、話題になっています。

 

今、話題の家庭用かき氷器『とろ雪』の気になる感想や評判を、口コミから検証しました。

実際に使った方の生の声を聞いて、参考にして下さい。

 

▼すぐに商品を見たい方はこちらから▼

電動ふわふわとろ雪かき氷器 2018 DTY-18BK

 

かき氷器 とろ雪の口コミを徹底検証!

 

とろ雪に興味のある方も、初めて見る方も、

実際に購入した方がどのような感想や評価をしているのかは気になりますよね。

とろ雪の口コミをいくつかピックアップしたので、ご覧ください。

 

ここから ——————————————————————————-

 

口コミ①

普通のカキ氷もサラサラ氷で削れるので、
イチゴシロップとミルクの組み合わせでも、今まで以上に美味しく感じます。
家族の分も必要と思い製氷カップを追加したのは大正解です。

口コミ②

ふわふわの食感で、
特にカルピスと豆乳で割ったのを凍らせたのをとろ雪でかき氷にして
マンゴーやマンゴーを乗せると、絶品!

口コミ③

手入れはとても簡単でいいですし、
専用のカップに水を入れて冷凍庫で凍らせて早速かき氷作りに挑戦しました。
下の刃を微妙に調整しながら削るとなかなかいい感じにかき氷の完成。
ふわふわから荒削りまで好みに合わせて出来ました。

口コミ④

かき氷は、ふわふわと言う表現が正しいか分かりませんが、
ガリガリとした食感ではないのは確かです。
ふわふわ食感は、味付きのものを削ったときだと思います。
ただ、買って損はないと思います。

 

——————————————————————————— ここまで

削るサイズによってふわふわのかき氷や、とろとろのかき氷ができるので、

自分の好きなタイプのかき氷を作ることができます。

ふわふわかき氷を目指すなら、味付きにしてから削ると良いようです。

 

味に関しては、自分の好みの味付けを研究して作っている方がとても多かったです。

特に、カルピスで作るかき氷が大変評判でした!

 

また気になるのが、使った後の片付けですよね。

片付けが面倒だと使うのが億劫になってしましますが、それほど片付けは難しくないようです。

「掃除が気になってましたが、汚れる部分のパーツがすべて分解できて清潔。

刃など金属の部分はステンレスのため錆には強いので、純水の氷を削った後は

そのままパーツを分解して乾かしておけばOKです。

しかし糖分を含むものを削った後は、使用後なるべく早く、

糖分が固まる前にお湯で洗い流す必要があります。」

片付けについてはこのような口コミがありました。

パーツが分解できて清潔に保てることは、お子様と一緒に使うご家庭でも安心ですよね。

 

ただし、良い口コミだけではありません。

・氷を削る時の音がうるさい

・製氷カップが小さい

という口コミがありました。

削る時の音は個人によってうるさく感じたりもすると思いますが、

やはり氷を削るので、多少なりとも音が出るものです。

音に敏感な方は、気になるのかもしれませんね。

 

製氷カップはみなさん小さめであるという感想が多かったです。

出来上がりが手のひらサイズの器に軽く1杯、幼児位にちょうど良いサイズのようです。

大人には2個で良いくらいかと。

追加で製氷カップを買った方が良いという口コミは、たくさん見かけました。

 

以上がとろ雪の口コミとなります。

 

とろ雪のことをもっと知りたい方に、商品を詳しく説明します。

 

口コミをご覧になって、とろ雪に興味を出てきた方もいると思います。

では、とろ雪とはどんなかき氷器なのか、詳しく説明していきます。

 

シロップや練乳、牛乳を凍らせて作る台湾風かき氷が作れます。

糖分が入った軟らかい氷をしっかり押さえて削れる特殊構造です。

どんな質の氷も好みの薄さに設定できる、ドウシシャだけの氷の粗さ無段階調整機能付きなので、

薄く削って食感をよりなめらかにします。

ワンプッシュ電動式なので、スイッチを押すだけで簡単にかき氷が削れます。

 

糖分でベトベトになってしまう部品も外して洗えるお手入れ簡単設計です。

商品のサイズは、約幅14.5cm×奥行20×高さ35.5cmで、重量は約1.2kgです。

素材は、ABS樹脂、シリコーン、ポリアセタール樹脂、ポリエチレン、

ステンレス、ポリプロピレンです。

付属品として、製氷カップMサイズ1個と製氷カップハーフサイズ2セット、

台湾風かき氷のレシピブックが付いています。

 

台湾風かき氷専用レシピもついているので、お店で食べるようなふわふわかき氷が

自宅でも簡単に出来ます。

 

氷が削れないのは、刃の調整が原因?

 

とろ雪の口コミを見てみると、氷が削れないという口コミが少数ですがありました。

もしかしたら、刃の調節ねじが高い設定のままなのかもしれません。

最初から高い設定のままで削ると、スパイクベースが空回りして削れないようです。

まずは刃の高さ調節ねじを左側に回して、最も細かい削りの設定にして削り始めると、

氷が削れないということはないようです。

 

普通の氷と、味付きの氷で違いはある?

 

普通に凍らせた氷と、味付きの氷。

とろ雪で削るとどのような違いがあるのか、知りたいですよね。

 

普通に凍らせた氷をとろ雪で削ると、

一番細かい設定で削ると粉雪のようなふわっとした氷に削れます。

粗い設定で削ると、シャリシャリとした氷に削れます。

いろいろなシロップで食べたくなりますね。

 

では、台湾式のようなトロっとした氷はどのようにしたら作れるのか。

それは、味付きの氷です。

果汁などの糖度が混じることにより粘度が出て、とろりとした食感になります。

比較的、砂糖などの甘みを加えると「ふわっとろっ」とした氷になりやすく、

牛乳や練乳などの乳製品を用いるとアイスクリームのような食感に近づくようです。

普通の氷でも、味付き氷でも、食べた時に頭がキーンとするような刺激はないので、

昔ながらのかき氷とは違うふわふわ食感が味わえます。

 

とろ雪を通販で購入する場合のオススメはどこ?

 

とろ雪を通販で購入する場合、やはりお得に購入したいですよね。

大手通販の楽天・アマゾン・ヤフーで、全国一律送料無料でのとろ雪の価格を調べてみました。

 

楽天:5,187円(税込)

アマゾン:5,475円(税込)

ヤフー:4,990円(税込)

 

調べてみた結果、ヤフーが最安値で販売していることがわかりました。

沖縄や離島などでは送料が1,000円以上となる販売店もあり、そちらの方が安い場合もありますが、

今回は全国一律送料無料での最安値として調べました。

 

夏の暑い時期だけではなく、冬も手軽にオリジナルのかき氷を簡単に作れるのは嬉しいですね。

1年中使うことを考えると、非常にコスパの良い商品とも言えます。

とろ雪で、自分だけのオリジナルかき氷作りをぜひ試してみてください。

 

▼電動ふわふわとろ雪かき氷器 2018 DTY-18BK 詳細はこちらから▼

 電動ふわふわとろ雪かき氷器 2018 DTY-18BK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。